3.安心、安全なまちづくりを進めます。

どこで暮らしても、どこで働いても、どこで学んでも、皆が安全に佐倉で過ごし、豊かな気持ちで暮らせる佐倉を目指します。

 

自助、共助、公助によるまちづくりを推進します。


・佐倉の「人権尊重・人権擁護都市宣言」「平和都市宣言」を旨として、個性を認め合い、核の脅威のない平和な文化都市を目指します。

 

・防犯対策を充実します


・千葉県警察本部の協力を得て、現在の「臼井交番」を京成臼井駅前に、「ユーカリが丘交番」を京成ユーカリが丘駅前に移転します。


・歩行者の安全確保のために、歩道に目立つ塗装をします。また、摩耗し放置されている横断歩道、児童注意などの表示等は明認出来るようにします。

 

・公的組織・施設や民間組織・施設を有機的に活用した強靭な防災体制の構築を図ります。


・大地震等災害時の生活支援物資の搬入等のため「(仮)市災害時物資供給マニュアル」を作成し、物流・流通事業者との協力体制の確立を図ります。


・水害対策の徹底。台風、ゲリラ豪雨のたびに発生する冠水被害やがけ崩れの被害を防止するための抜本的な解決を目指します。


・施設・インフラ整備は、将来の負担を軽減できるよう計画的に行います。


①佐倉ICの周辺整備、第3工業団地までを直接結ぶ道路整備、国道51号線の4車線化の促進

 

②上志津原交差点・神門交差点改良工事、通学路に左折ラインの設置

 

③八千代バイパス道路の開通の推進


④都市開発計画道路馬渡~萩山線の未着工の馬渡工区の施工を県と協議し優先的に推進します。


⑤故郷広場のチューリップ祭り、花火大会等の催しのために、仮設ホームの江原台新駅の検討をします。


⑥ふるさと広場に大型バスの駐車場を整備します。