2.安定した行財政の運営を図り、必要な市民サービスの充実を図ります。

 

単なる溜め込みだけでは財政ではありません。公の財政運営とは、市民からお預かりした税金を、必要な市民サービスを確実に実施するために、計画的に、無駄なく使用する事とそれに必要な財源を安定的に確保する事です。

 

安定した財源を確保するためには、市の歳入を増やし、常に無駄な支出が発生しないよう毎年度組織、事業のチェックを
行い、既得権、既成事実として容認する事なく、常に費用対効果、行政効果、弱者、声なき声等への配慮等の視点で、市民のために効率的行政を徹底します。

 

・国民健康保険税等市税の支払いをクレジットカードでの支払いが出来るようにします。

 

・岩名運動公園競技場等の施設や市公用車への企業広告の募集


・公契約条例を制定して公共事業の質の確保と労働環境の整備


・市民目線で開かれた市役所


・意思決定のプロセスは透明性を確保し、圧迫、強制、利権、シガラミを排除します。